年収を高く提示する企業ほど対応も丁寧

最近転職活動をしている。
ベンチャー企業、昔ながらのIT企業、あまり的を絞らず色々と面接してみた。
その中で見えてきたことがある。
年収を高く提示して、業務内容に透明性がある企業ほど、対応が丁寧だという点だ。
選考中に、何度か辞退メールを出した企業があるのだけれど、年収が高い企業は辞退メールにもわざわざ返信をしてくれた。
さらに、こちらを気遣うような発言をしてくれたり、人間関係の繊細さを理解して、こちらが不快に思う可能性のある発言を控えてくれた企業が多かった。
逆に年収が低い企業は、こちらのパーソナリティに踏み込んだ質問をしてきたり、的を得ない質問をしてきたり、更に面接時間が長い割に業務内容や年収についての話題を自発的に発することの無い企業が多い。

やはり資本主義国家において、賃金の高さというのは基本的に善なのかも知れない。